生ジュースで酵素を取って病気知らずでサプリも必要ありません!

こんにちは。貧乏学生の弘子です。こうして美容やダイエットに興味を持つようになると、たまにはスカートでもはいてみようかなとか思ってきましたが似合わないんだろうな~。

ジーパン、スニーカーっていうスタイルが楽で、この格好でいることが多いんですけど、たまには女性らしい格好もしてみたいななんて思ったりします。一応女性ですけど、スカートよりもパンツの方が自分にはしっくりくるんです。

このまま順調にダイエットが成功して、足が細くなったら考えてみようかなと思います。痩せたらファッションの幅も広がりますからね。そういう楽しみも増えるのかもしれませんね。

私はこれでも女性なんですけど、最近は男装モデルなんていうモデルさんのジャンルもあるんですね。イケメン風の女性で、まるで漫画に出てくるような感じの美系の男性になってしまうんです。

だからもちろん女性の格好だとかなりの美人さんだし、うらやましいな~って思います。

男装をする方ですから、女性でも男性でもどちらでも魅力的な方がいれば好きになってしまうそうです。こういうフェミニンな方が増えているみたいですね。

私は、男の子っぽい格好していますが、中身は女性です(^^;)

今日もレシピ集です。
今日は女子が大好きな酵素です。

●酵素
植物には私たちが生命維持活動をしていくために、重要な成分が目白押しです。例えば、ポリフェノールや葉緑素は、サプリメントなどにも使用されています。

≪アロエのジュース≫
材料
アロエ・・・2本(60g)
にんじん・・・1/2本
レモン・・・少々

作り方
とげを取ったアロエ、にんじんをジューサーにかけます、レモンのしぼり汁を入れて出来上がり。

一口メモ
アロエが万能薬として用いられるのは、特有の有効成分を多く含むからなんです。ただし、良薬口に逃がしっていう言葉が昔からあるように、飲みにくいです。その場合ははちみつを入れて飲むといいです。

≪パパイヤのジュース≫
材料
パパイヤ・・・1/4個
赤ワイン・・・1/4カップ
ライム・・・少々
水・・・1/3カップ

作り方
皮と種を除いたパパイヤ、赤ワイン、ライムのしぼり汁、水をミキサーにかけて出来上がり。

一口メモ
ポリフェノールには植物が光合成をおこなう時にできる糖質の一部が変化したものです。動脈硬化やがんの予防にも効果があるなんて言われていたりします。
パパイヤは高いんですけど、たまーに、見切り品コーナーにあったりします。

≪アロエのジュース≫
材料
明日葉・・・100g
にんにく・・・1かけ
パイナップル・・1/4個

作り方
明日葉、にんにく、皮と芯を取り除いたパイナップルをジューサーにかけます。

一口メモ
明日葉は緑色の濃い植物で、色素として含まれているクロロフィル(葉緑素)があります。これには増血作用、抗がん作用、コレステロール低下作用などが認められています。
明日葉ってなかなか都内のスーパーで見かけないですね。

次は食物繊維です。

●便秘解消食物繊維
便秘解決は女子にとってダイエットと同じくらい重要で気になることだと思います。食元繊維をまとまった量をとろうとするならジュースにしてしまうのが一番です。
繊維の中には、ペクチンのように生でとる方が有効なものもあります。生活習慣病を予防してくれますので、積極的にとっておきたい栄養素です。

≪干し柿のジュース≫
材料
干し柿・・・1個
ドライプルーン・・・3個
レモン・・・少々
湯・・・3/4カップ

作り方
熱湯に干し柿とドライプルーンを付けておく。種があれば取り除く。もドジ汁と一緒にミキサーにかけてレモンを絞って出来上がり。

一口メモ
ドライフルーツは栄養の宝庫です。1杯分あたりの食物繊維の含有量は、干し柿が全食品中トップです。ドライプルーンも負けず劣らず豊富なので、これさえ飲めば、お腹の大掃除になります。

≪イチジクのジュース≫
材料
イチジク・・・2個
洋ナシ・・・1/3個
ライム・・・少々
水・・・1/4カップ

作り方
皮をむいたいちじくと皮と芯を取り除いた洋ナシ、ライムのしぼり汁、水とミキサーにかけます。

一口メモ
果物に含まれる繊維は水溶性です、おなかが張らないので、胃下垂の人や消化力の落ちている人にも安心して飲めます。

≪ラズベリーのジュース≫
材料
ラズベリー・・・60g
なし・・・1/4個
レモン・・・少々
水・・・1/4カップ

作り方
ラズベリー、皮と芯を除いたなし、レモンのしぼり汁、水をミキサーにかけます。

一口メモ
ミキサーかおろし金ですることで、食物繊維の補給がたっぷりとれます。

≪オクラのジュース≫
材料
おくら・・・40g
りんご・・・1/4個
キウイフルーツ・・・1/2個
水・・・1/3カップ

作り方
おくら、皮と芯を取り除いたリンゴ、皮をむいたキウイフルーツ、水をミキサーにかけます。

一口メモ
オクラの100gの中には食物繊維量はごぼうやさつまいもよりも上なんです。キウイフルーツもなかなかの供給源ですよ。

ドライフルーツって本当に栄養素が豊富で、中でもドライプルーンは最強ですね。食物繊維も豊富で常備しておくと本当にいいです。美味しいから、そのまま食べてもいいですし。野菜と果物をジュースにしてとるようにしていると、普段でも野菜と果物を食べようという意識が高まってきました。

お肌もきれいになってきています。こうなるともうやめられなくなってしまいます。

ストレス、イライラが多い場合にはマグネシウムが不足しているかも!?

こんにちは。貧乏学生の弘子です。今日は授業が1個だけで、バイトも早く終わったので、バイト仲間がうちのボロアパートに遊びに来ました。

恵比寿なんですけど、風呂なしトイレ共同っていうアパートを見てみたいっていうことになって遊びに来てくれました。

木造なんで、みんあ「おばあちゃんちみたいでなんか落ち着くー!」って言ってました(笑)
私もなんか落ち着くんですよね。

キレイなマンションもあこがれますけど、木造って温かみがあっていいですよね。うちの実家も木造だから私は風呂なしトイレ共同でもなんら不便なく過ごしています。お風呂はさすがにあったほうが良いですけど、学校のシャワールームと、台所の流しを使ってます。

きっと普通の女性には無理なんだろうなーなんて思いながらも場所も恵比寿だしこのアパート気に入っています。

今日もレシピ集です。
今日のお題はマグネシウムです。

●イライラするーという時はマグネシウム
マグネシウムは、神経の興奮を収める働きがあります。ストレスの多い人はマグネシウムが不足している可能性も!?加工食品を多く食べる方もマグネシウムが不足しがちです。

≪ピタヤのジュース≫
材料
ピタヤ・・1/2個
ラズベリー・・・60g
松の実・・・15g
ライム・・・少々
水・・・1/2カップ

作り方
松の実をミキサーにかけて、皮をむいたピタヤ、ラズベリー、ライムのしぼり汁、水を加えてさらにミキサーにかけます。

一口メモ
ピタヤはサボテンのみの一種です、なかなかスーパーにはおいてないかもしれませんね。私も見たことありません。白いゼリー状の果肉で、ゴマのような種がたくさんあります。

≪バナナセーキ≫
材料
バナナ・・1本
きなこ・・・大さじ2
牛乳・・・2/3カップ

作り方
バナナを適当な大きさにカットして、きなこをまぶし、牛乳とともにミキサーにかけます。

一口メモ
バナナや大豆製品は、マグネシウムが豊富な食品です。この組み合わせは私は大好きです。よく飲んでます。

≪ほうれん草としそのジュース≫
材料
ほうれん草・・100g
しその葉・・・1束
つるむらさき・・・50g
水・・・1/4カップ

作り方
ほうれんそう、しその葉、つる紫をジューサーにかけて水で少々薄めて出来上がりです。

一口メモ
青臭さが気になる方ははちみつを入れるといいです。青汁の見慣れていない人はちょっと飲みにくいかもしれません。

次はカリウムが摂れる生ジュースです。

●ナトリウムを排出して血圧を正常にコントロールしてくれるカリウム
カリウムは、再貿易の浸透圧の調節、ナトリウムの排出、脳の活性化などを行ってくれる成分です。果実や野菜を使ったジュースで必要量を毎日きちんと確保するとよいです。

≪すいかのジュース≫
材料
すいか・・200g
ピンクグレープフルーツ・・・1/2個
アメリカンチェリー・・・60g

作り方
皮と種を除いたすいか、皮をむいたピンクグレープフルーツ、アメリカンチェリーをジューサーにかけて出来上がり。

一口メモ
もう、材料だけで美味しいの間違いなしのジュースです。スイカが必要なので、夏ですね。ピンクグレープフルーツのさわやかな酸味がすいかの甘さをさらに引き立たせてくれる美味しいジュースです。

≪ダイコンのジュース≫
材料
ダイコン・・150g
なし・・・1/2個
ドライプルーン・・・3個

作り方
皮をむいたダイコン、なしをおろし金ですり下ろします。刻んだドライプルーンを混ぜます。

一口メモ
ダイコン、ナシは、ミキサーにかけても大丈夫ですが、おろし金を使うと泡が立たず、仕上がりがきれいなんです。ドライプルーンはいろいろと生ジュースに使いやすいので、常備しておくといいです。

≪干し柿のジュース≫
材料
干し柿・・1個
オレンジ・・・1個
レモン・・・少々
水・・・1/3カップ

作り方
種を除いた干し柿と皮をむいたオレンジ、レモンのしぼり汁、水をミキサーにかけます。

一口メモ
ほとんどの果物や野菜がカリウムの供給源となりますが、すいかや柿にはとくに豊富に含まれているんですよ。夏はぜひスイカを食べたりジュースにしていただいておきたいですね。

≪ルバーブのジュース≫
材料
ルバーブ・・50g
おかひじき・・・50g
パセリ・・・50g
水・・・1/2カップ

作り方
皮をむいたルバーブ、おあかひじき、パセリをジューサーにかけます。水でうす目て出来上がり。

一口メモ
ルバーブなんておしゃれな野菜は、高級スーパーに行かないとうってないかもしれません。でも出来上がりは赤いきれいなジュースができるので、一度作ってみたいです。
ルバーブは皮ごと用いると筋が引っかかってジューサーが作動しなくなってしまうこともありますので、皮をむくのがポイントです。

≪トロピカルミックスジュース≫
材料
キウイフルーツ・・1個
バナナ・・・1/2本
ココナッツミルク・・・2/3カップ

作り方
皮をむいたキウイフルーツとバナナとココナッツミルクをミキサーにかけます。

一口メモ
バナナや缶詰のココナッツミルクを使うと南国をあじわえます。ココナッツミルクも100円くらいで売ってるので、南国気分を味わいときはコレですね。

パセリもなかなか買うことなかったんですが、こうして栄養価が高くジュースにできるということを知ってからは買うようにしました。もちろん見切り品コーナーでです。

 
 
 
 

裕子がずっと悩んでいた脇の黒ずみを薄く目立たなくしてくれたのはピューレパールっていう脇美白クリームでした。私もちょっと気になってるから試してみたい!

カルシウムと鉄分を取ってイライラ解消疲れ知らずの体を目指します!

こんにちは。貧乏学生の弘子です。今日もバイトと学校で忙しくも充実した毎日を過ごしています。

幸い、私は健康で体力もあるので、頑張っていけるのですが、テレビを見ているとシングルマザーさん達も大変みたいですね。

子育てと生活費と子供の教育費とかいっぱいいっぱいで、食べるものにも困ってしまう家庭もあるみたいです。

そこで、シングルマザーを支援するNPO法人とかもあって、シングルマザーさんたちが働けてしかもキャリアアップも目指せる企業で働けるように支援してくれる団体もあるみたいです。

私もこれから奨学金を返済していかないといけないのですが、こういう人のために役立てる仕事をしていけたらいいなと思いました。薬学部に通っているので、薬剤師の資格を生かして、それが困っている人のための支援ができる事業なんかをできたら素晴らしいなと思いました。

まだ自分が何をしたらいいのかわかりませんが、いろんな人を幸せにできる仕事が出来たら素敵ですね(^^)

今日もレシピ集です。
今日はカルシウムがとれる生ジュースです!

●骨を元気にするカルシウム
カルシウムは骨、歯を作るのに必要な栄養素です。それから、イライラなどの神経系にも良い影響があって、神経を安定させる効果も期待できるのです。
最近イライラすることが多いなってときは、カルシウム不足かもしれませんので、カルシウムの取れる生ジュースで補給していきましょう。

≪パセリのジュース≫
材料
パセリ・・・2本
リンゴ・・・1/2個
ヨーグルト・・・1カップ

作り方
パセリの葉先、皮と芯を除いたリンゴをミキサーにかけて、ヨーグルトと混ぜます。

一口メモ
ヨーグルトのカルシウム含有量は、なんと牛乳よりも多いんです。私はカルシウムと言えば牛乳だと思っていました。パセリもカルシウムが多く、野菜の中で5本の指に入るほどのカルシウム含有量だということです。パセリなんて飾り程度にしか思っていませんでしたが、食べたほうが良いんですね。
いつも残してました。もったいないことしてました。

≪カブの葉のジュース≫
材料
かぶの葉・・・80g
かいわれ・・・1パック
キャベツ・・・2枚
リンゴ・・・1/4個

作り方
かぶの葉と根を落としたカイワレとキャベツ、リンゴをジューサーにかけます。

一口メモ
カブの葉って何に使ったらいいのかわからなかったんですが、こうやってジュースに使えるって知ってからは野菜って捨てるとこないんだなーって思いました。栄養的には白い根よりもあるのだということです。かぶの葉とダイコンの葉って使いみちよくわかんなかったんですが、ジュースにしてしまえばいいのです。

≪ブロッコリーのジュース≫
材料
ブロッコリー・・・1/3個
バナナ・・・1/2本
低脂肪牛乳・・・1/2カップ

作り方
ブロッコリーをジューサーにかけてから、バナナ、牛乳と一緒にミキサーにかけます。

一口メモ
牛乳は毎日飲むのが理想的です。牛乳嫌いの人には大変かもしれませんが、こうして、いろいろ入っていると牛乳そのものよりも飲みやすいかと思います。但し、牛乳飲みすぎると女性は乳がんになるリスクがあるとかないとか言われているので、気になる方はほどほどに作って飲んでみてください。

≪にんじんとゴマのジュース≫
材料
にんじん・・・100g
いりごま・・・大さじ2
レーズン・・・30g
水・・・3/4カップ

作り方
いりごまをミキサーにかけてにんじん、ぬるま湯で戻したレーズンと水を加えてさらにミキサーにかけます。

一口メモ
最初にゴマだけミキサーにかけるのがみそです。すべての材料をいきなりミキサーにかけてしまうとゴマがつぶれないので、そのまま残ってしまうのです。

次に、鉄分がとれる生ジュースです。

●だるさを解消する鉄分

いつも顔色が悪い、疲れやすくて疲れが取れにくい、集中力がなく困っている人は鉄分不足になっている可能性があります。ジュースになる食材の中にも鉄が豊富なものがいろいろありますし、ジュースにすることで、効率よく多く取れますので、体がだるい、思いと感じる人は試してみてください。

≪小松菜ときなこのジュース≫
材料
小松菜・・・100g
メロン・・・100g
きなこ・・・おおさじ3

作り方
小松菜と皮と種をむいたメロンをジューサーにかけます。泡だて器などできなこを混ぜ合わせます。

一口メモ
大豆製品の中でも、きなこは鉄分供給源として特に優秀な食品です。小松菜も鉄分たっぷりなので、これで貧血解消です。

≪バナナとオレンジのジュース≫
材料
ばなな・・・1/2個
オレンジ・・・1個
卵黄・・・1個
水・・・1/2カップ

作り方
オレンジの果汁をスクイーザーでしぼり、バナナ、卵黄、水をミキサーにかけて混ぜ合わせます。

一口メモ
鉄はタンパク質とビタミンCと一緒にとると効果が倍増します。1杯のジュースで一気に取ってしまいましょう。

≪プルーンのジュース≫
材料
ドライプルーン・・・50g
レモン・・・少々
水・・・3/4カップ

作り方
種を除いたドライプルーンとレモンのしぼり汁、水をミキサーにかけます。

一口メモ
ドライプルーンはビタミン、ミネラルの宝庫です。ワイン付けやシロップ漬け、甘煮などにして常備しておくといいです。プルーンおいしいですよね。
女性にとって良いフルーツです。

≪ほうれん草のジュース≫
材料
ほうれん草・・・100g
パセリ・・・2本
なつめ・・・5個
湯・・・3/4カップ
はちみつ・・・大さじ1

作り方
ほうれんそう、ぱせり、ぬるま湯に着けて柔らかくしたなつめをジューサーにかけます。はちみつを混ぜて出来上がり。

一口メモ
ほうれん草とパセリは鉄分の含有量が野菜の中ではトップクラスを誇ります。なつめは貧血改善に役立ってくれる食品です。

今日は2本立てで、カルシウムと鉄分についてでした。鉄分は特に女性にとって必要な栄養素です。鉄分不足になったら生ジュースで補ってみてください。